2021年03月23日

15TH ANNIVERSARY LIVE KAT-TUN、3/22配信セットリスト&レポ&感想!

腕<足

どーも、なぎさです!

配信ライブ、座りながら見ていたのに、なぜかライブに参加したときのような足の疲労感。
久々にペンライトを振った腕はあまり疲労を感じなかったのにな。
なぜだろう。

では、本日のKAT-TUN!

15TH ANNIVERSARY LIVE KAT-TUN!
デビュー日3/22に開催された配信ライブのセトリ含めたレポ&感想を。


開演前は前夜祭同様にRoar収録曲のカラオケがBGMで流れる。
17:50になるとRoar PVが流れましたが、終了するとまたカラオケBGMに戻る。

18:00 開演
・OP
工場のような場所で歯車などを動かす外国人達の映像に英語ナレーションが。

セット裏に映像が切り替わると、タバコ?をふかすたっちゃんが登場し、壁を蹴ってステージに。
続いてゆっち、最後に亀ちゃんと3人別々に登場。
亀ちゃんは吊された六角柱の中に。
たっちゃんはサングラス、亀ちゃんは山猫感ある薄青メガネを着用。
上から登場しがちじゃなかったーーーーー!!!笑

・Real Face #2(メインステ)
U「いらっしゃいませ、クソ野郎!!!!」
安定のクソ野郎!!!!!!!

たっちゃんサングラスはずす。

舌打ちは亀ちゃんのみ。
三分割ならなかったー。

K「Hey!Everyone!最高な記念日!素敵な1年の幕開け!よろしく!」

・UNLOCK(メインステ→花道)

・青天の霹靂(センステ)
噴水が!!!!!!!!
亀ちゃん前夜祭お約束の15周年ポーズ。

・SIGNAL(メインステ)

・BIRTH(メインステ)
大サビで亀ちゃんメガネ外し。

・光跡(メインステ)

・Desier(メインステ)
縦一列に並んだ各メンバーカラーに光る3個のソファに手前からU→K→Nが座って披露。
演出すっばらしい!!!!!!!
ねっとり感のあるクネクネっとしたフリや、ソファに横になったり、ソファを手でスーっと触ったり。
ねちっこくて、怪しくて、良い。
美しいゆっちの手でがソファを触るとかたまらん!!!!笑
ゆっちがたっちゃん、たっちゃんが亀ちゃんを触るようなフリも良かったですね。

・Fly like a ROCKET(メインステ)
レーザーガンガン、良き。

・SADISTIC LOVE(メインステ)
サードーラーブーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!
まさかの登場です!!!!!!!!

・Keep the faith(トロッコの囲いのない版でアリーナ移動)
亀ちゃんタッチは下手、ゆっちは上手から、客席がないのでアリーナを突っ切りって移動。

・ONE DROP(バクステ)
バクステの背景には照明の埋め込みが。

・Jr紹介
水泳部の子、多かった印象。

・Rain(センステ)〜Pure Ice(センステ→メインステ)
まさかのRain!!!
噴水の中、レインコート的なものを着てフードをかぶって歌う亀ちゃん。
そのレインコート的なもの、背中にドーーーンと「DiOR」。
あぁ、高級レインコート。
あぁ、さすが亀ちゃん。
私物をソロに取り込むことが多い亀ちゃんなので、私物っぽいけどどうだろ。
MVではDiorのスニーカー履いてたし、最近のお気に入りなのかしら。

Pure Iceはレインコート的なものを脱いで、ジャケット・Tシャツ・パンツ・スニーカー全てが白基調な衣装。
メインステには和な衣装のJr、和なセット、そして腰掛けに座って赤ワイン風なものが入ったグラスを手に持つ亀ちゃん。
モニターにはMVの和パートの亀ちゃん映像が。
しかし亀ちゃん自身は和服などに着替えはせず、口元も赤く染まりませんでした。
曲終わり、亀ちゃんがバイクの鍵?のようなものを出すと、モニターには馬に乗った亀ちゃんがどこかへ。
????????????
馬???????????
鍵みたいなの出てきたから、てっきりたっちゃんソロにつなげる演出なのかな?と思ったら、全然違った!!!!!!!!!!
NMP的なことでもなさそうだし。
最後、謎!!!!!!!!!!!!!!!!

・change your mine(メインステ)
待ってましたレーザーの世界!!!!!!!!!
期待を裏切らない怒濤のレーザー、ありがとう!!!!!!

ゆっちがフード付衣装着てるの大好きなんで、今回の衣装も良かった!

・ヤンキー片想い中(メインステ)
MV5億点でしたが、ライブ演出も5億点でした。
最っ高!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!笑

龍組ロゴのようなかわいいイラストたっちゃんが恥ずかしそうに手でハートを作ってスタート。
MVのOPのクローズ風部分から女の子に一目惚れしてしまうところが流れ、映像がライブに切り替わると制服姿の女の子に見とれてぬぉーーーーな表情のたっちゃん。
学ラン姿のたっちゃんの前には龍?が巻き付いたスタンドマイク、そして後ろには手を後ろで組んだ学ラン姿のおじさん4人(3人サングラス・1人黒縁めがね)。
バック、Jrじゃないーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!
おじさん4人とは別に旗を振ってる人もいましたね。

サビになるとおじさんが振付を!!!!
振付講座後編がライブ開始までに更新されなかったので、初見です!!!!
腕むぎゅむぎゅしたり指ハートするんですね。
細かい動きがあるから、振りをやるときは何も持たずのが良さそう。
うちわはギリいけそうだけど、ペンラは難しそう。

2番ではおじさんの一人にカンチョーするたっちゃん。笑

そして和太鼓2つが登場し、間奏は応援団アレンジ!

たっちゃんが女子高生のかつらを取ると、谷村と判明。
女性だと思ったら女装でした演出はリアル魂仁ソロPINKYの聖が浮かんできちゃうよね。
もしかして意識した???笑

「谷村さようなら」と替え歌された谷村はおじさん4人に持ち上げられ花道を通ってセンステへ捨てられ、
U「愛する谷村へ、逆キュンです!」
噴水ドーーーーン!!!!!!!!!!!!!!!!!!
谷村、おいしすぎる!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
たっちゃん、本当に谷村好きね!!!!!!!!!!!!!!!!!!

可愛すぎるし、演出面白すぎるしで、本当に最高だった!!!!!!
たっちゃんもきゅんです推しなのですね。
ちょっと前の若者言葉を多用していく感じが愛おしいです。笑

「おはよう」のところ、谷村は「おっはー」と言ってたけど、あれは谷村アレンジ?
そして、あのおじさん達は誰なんだろうか。

・ツキノミチ(亀ちゃんバクステリフター、ロバ丸アリーナ中央左右端→センステ移動)
白を基調にパステルカラーのメンカラが入ったが衣装。
優しい色味の衣装はKAT-TUNには珍しいけど、とても良かったなー。

1番は亀ちゃんのみ、2番からロバ丸登場。

18:55
・MC
K「(ドリンクを持ってくるたっちゃんに)15周年で初めてじゃない?笑」

チャットページが解放され、タブレットでコメントを見るKAT-TUN。
タブレットやドリンクボトルにはグッズの歴代ロゴステッカーが。
N「(ステッカーは)オンラインで販売中ですね」
さすが高丸社長!!!!

15周年が迎えられたことが本当に嬉しいというゆっち。
おめでとうだし、ありがとうだよ。

あまりのコメントの多さにタブレットが固まり、一瞬コメントやめてと促す。
世界で見てくれているということで、
K「Hello!」「Ola!」
U「アニョハセヨ!」
などと知ってる世界の挨拶を言うKAT-TUNちゃん、かわいいー。

N「上田くん(タブレットを見てコメント)管理してもらっていいですか?」
U「やだよ」
この「やだよ」が一瞬ヒリヒリを感じました。笑

配信は苦肉の策から始まったかもしれないが、よかったのかもしれないとゆっち。
本当にそれはそうで、デビュー15周年の記念日の初日を共有できる人数が圧倒的に増えますし、流れる映像は同じなので公平感もあるんですよね。

前夜祭公約の15周年ポーズだけでなく、うさみみ、Kポーズまでしてくれるゆっち!!!!!
なんて大盤振る舞いなの!!!!!!!!!
たっちゃんも15周年ポーズを。

Roar1位ありがとうございますのお辞儀。
N「はい、俺が一番お辞儀長いー!笑」
小学生男子感あるゆっち、最高にかわいい。
U「(お辞儀しながら周囲の人が頭を上げるタイミングを)チラチラ見てるやついるよな。笑」

コメントが高速で流れるタブレットをカメラに見せ、
K「「おめでとう」5分くらい見てます。パプ丸くん(スルーするゆっち。笑)」
U「この子たちは「おめでとう」以外の言葉知らないのかな?」

デビュー当時の話。
K「渋谷のCDショップ行ったな」
N「当時は今よりCDショップもあって」
U「実感なかった」
N「どこいってもKAT-TUN流れてて、しつけーなと思ってた」
K「ありがたいけどね」
本当に15年前のKAT-TUNデビュー日の渋谷はKAT-TUNだらけだったんです。
KAT-TUNジャック、懐かしい。

K「5周年の時に15周年とか想像できなかった。5年先のこと考えられないよ」
N「15周年のこと振り返ってどうとかは時間がかかる」
そうですよね、一言じゃ表せないよね。

MC中に解放されたチャット欄ですが、あまりに大量のメッセージが送信されたからなのか、次のメッセ送れるようになるまでめっちゃ時間がかかったんですが…。
前夜祭の時はスムーズに送れたんですけどね。
私の通信環境の問題かと思ったら、何名かそういうツイートを発見したので、私だけではなかったっぽい。

19:05
・Light and Blue(メインステ→花道)
MC短っ!!!!!!
あっという間すぎる!!!とは思ったけど、10分やってたのね。

メインステの端と中央から伸びる3本の花道を下手からU・N・Kが歩いて移動。

・FALL INTO U(センステ→花道)
バクステ側花道の上部から降りたたくさんの細長い照明が逆Vの字に花道を囲いトンネルのように。

・映像
明るい日差しが入り、過去ライブの衣装・グッズやCDやタメ旅つなぎなどが並ぶ部屋で談笑するKAT-TUN。
オルゴールバージョンのハルカナをBGMに、薄暗い部屋に老いた白髪KAT-TUNが入るとほこりかぶったグッズが。
そして船の模型が映り…

・GOLD(メインステ)
モニターには過去PV集映像。
メインステ前には薄幕。
ステージ高めの位置に横一列で登場して歌う姿は10Ks感。

・Le ciel〜君の幸せ祈る言葉〜(メインステ)
薄膜には海賊帆の映像が。
過去と現在の共演。

・NEVER AGAIN(メインステ)

・僕らの街で(メインステ)

・YOU(メインステ)

・DON'T U EVER STOP(メインステ)
手に持った水晶が割れる演出!

・HELL, NO(メインステ)
オリジナルラップあるーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!

・THE D-MOTION(メインステ)
最初は普通に歌ってたのに、途中にTEN-Gが!!!!!!!!!!
まさかのDモにTEN-Gが乱入してきたぞ!!!!!!!!!!!!!!!!
声が加工されたTEN-Gさん、いや、加工されてないか、あれが地声か。
でも、今まで聞いてたTEN-Gの声と違うような…。笑

?「どこだ?」
ゆっちによく似た黄天狗「地球だ!」
亀ちゃんによく似た紫天狗「地球じゃなかったの?」
黄「TEN-G星だった。設定忘れんな」
ハァハァ息切れしてるTEN-G。
黄「どうしてみんな疲れてんの?」
紫「G(重力)感じた」
たっちゃんによく似た赤天狗「誰もいねぇーな。好き勝手やるか」
黄「(赤天狗の鼻を折る)ポキーーー!(紫天狗の鼻を折る)ポキーーー!」
紫「イテーーーーーー!!!」
黄「これ、やりたかったんですよ」「KAT-TUNに向けてメッセージコメントが届いてるんですよ。いつも物を売ってる人からメッセージ」
紫「あと3人くらいいたよな」
黄「ナイーブなこと言うな!」
赤「ピンクーーーどこだーーー!!!」
黄「放送止めてーーーー」

メッセージコメントは高丸社長から!!!
グッズが並ぶスタジオで今回はペンライトを紹介し、壁なんかに気をつけながら振ってと。

映像が切り替わると、TEN-Gがペンライト振りながら歌ってるし、画面には上下左右の矢印が上から落ちてきてダンレボ風になってるし、なんなんだコレは!!!!!!!!!!!!!!!!
DモにTEN-Gが出てきただけで困惑なのに、そこに高丸ぶっこんで、さらにダンレボって何!?!?!?
カオス、THE カオス!!!!!!!
ダンレボは配信限定演出なのか、どうなのか。
ライブで実際にやるとしたら、どう楽しめばいいのかちょっとよく分からない!!!!!!!
解説プリーーーーーーーーーーーーズ!!!!!!!!!
Dモ楽しみ方講座を至急作って、お願い!!!!!!!!!!!
正直、ヤン片とかウィアカツ以上に予習必要案件だよ!!!!

・過去PVメイキング映像集

・歩道橋(メインステ→センステ)
ヤン片→ツキノミチも相当でしたが、Dモ→歩道橋もなかなかの振り幅。
テンションが追いつかん!!!

・FIRE and ICE(センステ)
炎と噴水!!!

・In Fact(バクステ側花道→バクステ)

・KISS KISS KISS(バクステ)

・君のユメ ぼくのユメ(バクステ)

・Ask Yourself(バクステ)

・DANGER(バクステ)
火花出てたけど、IGNITEのアレ経験しちゃうとちょっと寂しいのよね。
ということとで脳内補正で炎出しまくったけど。
脳内ならどんなに炎出そうとも予算も消防法の心配も不要!!!

・Loner(バクステ→花道→メインステ)

・Jrフラッグパフォーマンス

・Flashback(メインステ)
モニターには過去ライブ写真(主にメンバーがファンサしてファンと写ってる部分)、そしてメンバーへのサプライズで募集された30文字メッセージが流れる。
30文字メッセはアンコールでバーーーーーーっと一気に大量に流れるのかな?と思っていたので、登場場所が早いこともメッセ流れる速度が割とゆっくりなのも意外だった。
メッセを見て、たっちゃんは明らかに目が潤んでたし、ゆっちも亀ちゃんも涙がでそうな目元をしていたように見えた。
亀ちゃんがカメラに長いこと背を向けていたのは、そういうことよね。

・Roar(メインステ)
感動的雰囲気からのRoar?!?!?!
3度目の振り幅驚きです。笑
亀ちゃん指ハート!
既にちょっと流行は去ったと言われど、指ハートやっていく亀ちゃんかわいいなー。

19:51
老いKAT-TUN映像

・ED(メイキング)
映像撮影・特殊メイク・馬乗り亀ちゃん・高丸・スタジオリハ・ステージリハのメイキング映像。
エンドロールにはエターナルプロデューサーとしてジャニーの名前も。
噴水リハの時、メンカラのレインコート着てるの可愛かったー。

ED後、ハートボタンを押してKAT-TUNへアンコールの気持ちを届けよう!と画面に表示されたので、全画面解除で出現のボタンを連打しまくってたらフリーズ…。
KAT-TUN以外のフリーズは嬉しくないんだわ。

<アンコール>
・We are KAT-TUN(メインステ)
フリーズのため、冒頭見逃し……………。
見逃しあってよかったよー。
見逃しで最初から楽しもう。

中華ClapのところがちゃっかりKAT-TUNにすり替わっていた件。笑

募集動画はしっかりモニターに映ってましたね。

・to the NEXT(メインステ)

・挨拶
Jrに拍手、セットに拍手、配信してくれてる電波・Wi-Fi・衛星・4Gに拍手、スタッフに拍手、全国・全世界のハイフンや見てくれている方に拍手。
そうだよな、配信環境に感謝!!!
KAT-TUNは実感なかったかもしれないけど、視聴者としては映像を映し出してくれたPC・TV・スマホ等にも感謝です!!!!笑
K「心の手を繋いで、We are KAT-TUN!!!!」
銀テは有観客ライブだと争奪戦による接触を避けるために降らないだろうなとは思っていましたが、配信でも降りませんでしたね。

U「無音で帰って行く俺たち。笑」
N「なんか声が聞こえる!」
?「聞こえない」
N「アンコールって言ってる!!!」
K「パプ」
N「この後、なんのリハもやってないです」
K「記念日ですし、配信ですし。朝リハしたじゃんYouたち。笑」
N「カメ、泣いてたべ」
K「泣いてないよ。笑」

<Wアンコール>
20:07
・PRECIOUS ONE
アンコールでプレワンは想定外!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ハルカナとかPeacefulっていうアンコール定番曲を想定していたので。
リアル魂のムビステで歌う6人が頭をよぎった。

タッチはここでも目が潤んでる様子で、リアル魂のこの曲ではめっちゃうるうるしてたゆっちの目が一番冷静な感じがした。

・挨拶
たっちゃん、ゆっち、亀ちゃんの順に挨拶。

たっちゃん、このライブが終わった時に何を感じるんだろうと思ったが感謝だったと。
スタッフに感謝、赤西・田口・田中にも感謝、そして今残っているメンバーにも感謝と。
いろいろな選択肢がある中、亀ちゃん、ゆっちがKAT-TUNでいることを選んでくれていると…。
KAT-TUNが乗り越えてきた大きな波の度、そしてその前後もいろいろな選択肢はあるんですよね。
でも、3人それぞれがKAT-TUNでいることを選んでくれているから、KAT-TUNは続き、15周年を迎えられた。
こちらこそ、KAT-TUNでいてくれることに感謝です。

ゆっちは10Ksの時との表情の違いが印象的だったな。
何か一つ先に進んだ、前に進めたという感じがすごくした。
「明日、徹子の部屋出るんで見てください」
え、宣伝?!?!?!
しかもゴールデン昇格する家事ヤロウじゃなくていいの???っていう。笑
でも、ここで宣伝なんて、気持ちに余裕がないときっと言えないよね。

亀ちゃんは涙をこらえながら、でも、鼻は小刻みに動いていて…。
亀ちゃんがこんな表情をファンに見せたのはベムの六本木舞台挨拶以来…???
「逃げ出してしまいたいなと思う瞬間もあった15年」
「悔しいですけど、6人で始まったグループなんで、抜けたメンバー達に対しても、もちろんKAT-TUNっていうグループが誇りであってほしい」
「(今日は過去曲歌っているとき)他のメンバーの声が聞こえてくるというか不思議な感覚になった」
いろいろ背負ってきて、しかもフロントに立たされる機会が多かったであろう亀ちゃん。
一ファンには想像を絶するほど様々なものがのしかかってきた15年だったとは思うので、そりゃ逃げ出したくなるよね…。
ファンに見えている範囲だけですら大変なんだから、見えない部分はどれほどか。
いくらYouは背負う運命だとジャニーに言われても、背負わされてる本人はキツいよね…。
亀ちゃん本人は感情の揺れ動きをファンに見せたことをステージに立つ亀梨和也としては許せなかったかも知れない。
でも、コントロールを上回った亀ちゃんの感情の表出を見て、私は少し安心したんです。
決して“ファンに見せた(見えた)”ことが安心なのではなく、感情にフタをしきらないこともあるということに安心したというか。
人間なのは分かってるし、今までだって人間なんだから人間的だとは思ってはいたけど、人間・亀梨和也の存在に安心した。

20:20 終演

約2時間20分!!!
有観客ライブは2時間以内に納めるんじゃないかと思ってたんですが、無観客だから延長した部分はあったのかどうか。
結果的に初日となった今回の配信内容が、今後有観客でツアーが開始されてどう変化していくのか気になるところ。

演出は炎も火花も噴水もレーザーもあって盛り沢山。
曲だけでKAT-TUNの歩みを振り返るのではなく、セットや演出に昔のライブを彷彿とさせる部分を取り入れることにより、ライブでライブを振り返るような内容でした。
13-14カウコンの時も大振り返りメドレーで似たような意図のことはやっているんですが、それはKAT-TUNがライブで育ってきたグループであるという意識が強いからなんじゃないかと思うんですが、どうなんでしょう。

振り返りメドレーで着ていた過去ライブ衣装をパッチワークしたような衣装、とても凝っていて素敵だった。
ちなみに13-14カウコンの大振り返りメドレーでは過去ライブ衣装を着て歌っていました。
ツイッターで今回のパッチワーク衣装は元メンバー3人の衣装を解体して縫い合わせた説を目にしまして。
もしそうなら、ちょっと感慨深すぎないか。
物理的に一緒にステージに立ってるんだよ。

曲中はライブのモニターのように左上に曲名が表示。
歌詞は曲ごとに表示されたり、されなかったりだったんですが、歌詞表示の基準がよく分からなかった。

前夜祭で亀ちゃんが言ってた攻めた曲って結局何だったんだろう。
私が予想した抜けたメンバーのソロはなかったので、となるとDモですか???
攻めてるといえば攻めてるよね。
あれは何だったのか…と、ずーっと考えてしまうインパクトがあったのは事実なので。
ひっかかりがすごい。笑

未音源化曲の音源化アンケートで3位までに選ばれなかった曲達は歌われませんでしたね。
残念。
いつかの機会に歌ってほしいなー。

亀ちゃんが他のメンバーの声が聞こえてきたというような事を話していましたが、メンバーにもそういう感覚はあるんだね。
大きな波を乗り越えた後、ライブや歌番組で過去曲を新体制で聞くと、新しさに馴染めないというか、オリジナルで歌っていたメンバーの声が頭に響くという経験を数え切れないほど私はしているのですが、亀ちゃんだけでなくきっとたっちゃんもゆっちもそんなことはあるんだろうなと。
そしてその時、亀ちゃん・たっちゃん・ゆっちは何を感じているのだろう。

仁や聖や田口から見た今のKAT-TUNってどうなんだろう、そんなことを思ったりもした今回のライブ。
配信ライブなら見ようと思えば視聴環境ハードル的にはきっと見やすいとは思うけど、見てたりするのかな。
もし見てたら、何を思ったのかな。


見逃し配信ありますので、気になっている方はぜし!!!


昨日の更新で触れるのを忘れ、いや、わざわざ触れる必要があることでもないんですけど、当ブログは昨日3/22で14周年を迎えました。
ブログはなんとなくで目にしやすいツイッターとは違いますので、訪問期間や回数に関係なく、当ブログに遊びにいらしてくださることに感謝しています!
これからも虹亀日記、そして私なぎさをどうぞよろしくお願いいたします!


さぁ〜て明日のKAT-TUNは???
・TV雑誌「TVstation」(亀梨)
・TV雑誌「月刊 TVnavi」(中丸)
・TV雑誌「TVfan」(中丸)
・日本テレビ系「バゲット」10:25〜11:30(亀梨)
・読売テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」13:55〜15:50(亀梨)
・日本テレビ系「news every.」15:50〜19:00(亀梨)
・日本テレビ系「Premium Music 2021」19:00〜22:54(KAT-TUN)
・FM沖縄「インフォ ミュージック」22:55〜23:00(中丸 ※コメント出演)
・テレビ朝日系「家事ヤロウ!!!」23:15〜24:15(中丸)
・日本テレビ「土曜ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」今週、衝撃の最終回スペシャル」24:59〜25:29(亀梨)
・帝国劇場「Endless SHOCK -Eternal-」13:00〜、17:30〜(上田)
の11本立てです!

それでは次回もまた見て下さいね♪

毎日ポチッと応援クリックしてくださると嬉しいです!
ジャニーズブログランキング


ブログの更新通知をLINEで受け取れます!



発売中
2021年3月10日発売
KAT-TUN シングル「Roar」
期間限定盤1】【期間限定盤2】【(期間限定盤3
初回限定盤 CD+DVD】【初回限定盤 CD+Blu-ray
通常盤

2021年2月10日発売
亀梨和也主演「事故物件恐い間取り」
先着特典付 豪華版Blu-ray】【豪華版Blu-ray】【通常盤Blu-ray
先着特典付 豪華版DVD】【豪華版DVD】【通常盤DVD





nijikame at 23:59│コメント(0) ・コンサート・番組協力・イベント・番組観覧 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔